【起業】男性が起業するコツは?

フリーランス

高知で夫婦でフリーランスとして
活動中のようすけです。

ようすけのHPはこちら
noteはこちら

今回は責任やプライドが大きい
男性が起業するコツについて
お伝えしたいと思います。

男性の起業は難しい?


男性が起業を決断するのは
とても難しいことだと思います。


特に結婚している男性は
たとえ共働きであったとしても
「自分が家庭を支えないと」
と無意識的に考えています。


そんな中
不安定な「起業」という
選択肢を取ることは難しいです。




僕も、銀行員時代は
「自分は安定職にいるべきだ」
と考えていました。


僕の場合は少し特殊で
Mizuhaが起業して
楽しく仕事をして
お金を稼いでいるのをみて
「辛い思いをしてお金を稼ぐより
楽しく稼げるならそっちのほうがいい」
と思ったので
起業という選択をとりました。



起業をする上で大切なのは
・世帯収入がどう変化するのか
・貯蓄はいくらあるのか
・稼げる見込みはあるのか
・いつまでに軌道にのせるのか
です。


起業をするには
現在の状況と未来の分析
とても重要になります。

これは起業した後も
ずっと気にしていく必要があります。



起業する前は
現在の貯蓄や世帯収入から
”今収入が途絶えた場合
どうなるのか”
を考えます。

そして
新しくしようとする仕事が
”実際に稼げる仕事なのか”
”いつまでに軌道に乗せるのか”

を考えます。


起業が上手くできない人は
「自分はこの仕事したい!」
という部分にだけ注目して
「実際それがうまくいくのか」
を考えることができていません。


自分の気持ちを
優先することも重要ですが
”起業”という大きな選択をする時は
感情的ではなく理性的な
思考も必要となります。



男性の場合
理性的な思考が強い人が多いと思います。

しかし、
理性が強ければ
なかなか起業に踏み出すことはできません。


男性が起業をするには
”起業をサポートしてくれる人”
を見つけるのが一番早いです。


理性的な思考ではなく
感情的な思考で
後押ししてくれる人がいれば
「ただ起業する」のではなく
「計画を練った上で
適正な時期に起業する」

ことができます。


男性の場合
責任やプライドから
”起業”という選択をするのは
難しいと思います。

しかし、起業に
踏み出してしまえば
その責任やプライドは
自分の武器として使えます。


これから起業をしたいと
考えている人は
「理性的」「感情的」
二つの視点を持って
行動してみてください。


ここまで読んでいただいて
ありがとうございました。

元銀行員/自分辞典ブルーによる帳簿レッスン

帳簿レッスンにも募集中です。

詳細・お申込はこちらから

よろしくお願いします。

\申込・ご質問は公式LINEで受付中/

コメント

タイトルとURLをコピーしました